池袋演芸場 9 月中席

  • 金原亭世之介 公式ブログ/池袋演芸場 9 月中席 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/池袋演芸場 9 月中席 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/池袋演芸場 9 月中席 画像3
只今、
池袋演芸場の昼席は兄弟子の金原亭馬生のトリです

金原亭一門がズラーッと並んでますから、良いネタが聴けるので平日の昼席にしては、結構お客様大勢入ってますよ。

20日まで、まだまだ在りますから、是非足をお運び下さいませ!

そして寄席終了後は、噺家御用達の店で一杯ってのがオススメコースです。

『鰻鐵(うなてつ)』は池袋演芸場から徒歩1分
鰻屋にして居酒屋!

この店は、噺家が好んで通った店のひとつです。

鰻と言っても噺家達はお金がないので、当時は鰻の頭「カブト」ばかり頼んでましたよ!

しっかり蒸した鰻の頭は、柔らかで、美味しいんですよ!
カルシウムとゼラチン、DHE、ビタミンEがたっぷりですから、夏バテ解消にはぴったりです!!


短尺は、鰻の余り部分の蒲焼きですが、ちょいと値段が張ったので、昔は食べられなかったなぁー。

肝はよく食べましたよ。
頭と肝ばかり!

落語「子別れ」の亀坊だねぇ

青柳は江戸前のさえたる貝です。
馬鹿貝が名称です。

歯ごたえ、甘味、美味しい貝だよね。


さて、青柳は加工された後の名称で、貝の名前じゃありません。
江戸時代に今の市原市青柳辺りが馬鹿貝の集積地だったので、関東ではその名前を取って「青柳」と呼んだんだそうです。

今は富津が馬鹿貝の一番の集積地だそうです。

勿論鰻丼も美味しいので、是非『鰻鐵』行って見てね〜。