新魚(しんこ)食べた〜

  • 金原亭世之介 公式ブログ/新魚(しんこ)食べた〜 画像1
  • 金原亭世之介 公式ブログ/新魚(しんこ)食べた〜 画像2
  • 金原亭世之介 公式ブログ/新魚(しんこ)食べた〜 画像3
「しんこ」と言えば、初夏の風物詩にして、毎年楽しみにしている寿司ネタです。

「しんこ」は、コノシロの幼魚で、簡単に言えば小鰭(コハダ)の幼魚です!

こいつが、美味しいんです!

例年は6月から7月が旬の魚ですから、本来はもう食べられないはずが、今年は9月の今じぶんまであるって言うんですよ

大喜び!

だって今年はしんこ食べてなかったんですから!

もちろん頂戴いたしましたぁ〜!

まぁ初物の新魚は仕入れで、キロ10万円位するらしいので、7月頃には中々食べられませんがね。

食べたい方々
「しんこ」がまだ食べられる可能性があるのは、

花小金井西武通り商店街

『福八鮨』
042ー462ー7868

早めに行かないと食べられませんし、
仕入れられるかどうかにもよりますから、食べられたらラッキー!

7日長生き出来ますよ!


さて福八鮨は、四半世紀強の花小金井あたりでは、老舗のお寿司屋さんで、お店も綺麗で、心地よいですよ!
何しろ白木のカウンターの清潔感は、料理への心意気を感じる店です。

日本酒のオススメは『北信流』

長野の純米大吟醸生酒

口当たりは良いのに後味がどっしり!

かぁーっ旨いねぇ〜!


さて手間のかかる「しんこ」が、これだけ美味しいんですから他もイケますよ!
まずは『秋刀魚(さんま)』

まだまだ不漁の秋刀魚、サイズも小さな物ばかりですが、寿司ネタとしては小さめの秋刀魚の方が脂が載りすぎず美味しいんです!!

かぁーっ旨い

('-^*)ok

真鯵は水槽から活き鯵を目の前で裁いて握ってくれます。
美味しいよ!
世之さまは、下ろし立ての歯ごたえある鯵が大好きです!
だいたい鯵は一尾で四カン取れますから、鯵下ろして貰ったら是非四カン頼みましょう!

『鰯(いわし)』も良いっすね

一時期、イワシが採れない時期が在りましたが、今年はまあまあの漁獲量らしくイワシ好きには嬉しい便りです。

漢字で書くと魚遍に弱い
悪く成りやすい魚ですから、新鮮さが命!

さんまに比べて辛みと癖があってこれが旨いんだよね
『鯖』も好き!


この〆サバ見て!!
美味しい鯖は綺麗なんです!!
美味しい〜〜〜〜!

ハハハハハ!
ソウデス!
世之さま魚は青物が大好き!
そして青魚は今がまさに旬ですから、お寿司屋さんに足が向いちゃうんだよね。
勿論他のネタも美味しいっすよ〜!

お寿司屋さんで腕を見るなら、青魚の他は、やっぱりアナゴですね。

アナゴの蒸し具合、焼き方、煮詰めたタレのツメの味わい。
職人技の集大成ですから、是非お寿司屋さんではアナゴを食べて見てね〜!


福八鮨さんのアナゴは、口の中で溶けます!!
うんまぁーい!


さてこの美味しい寿司を食べながらの落語会が在ります

『福八寄席』
時 10月15日夜
場所『福八鮨』

要 予約
『福八鮨』
042ー462ー7868

定員になり次第締め切りです