喜納昌吉のひとこと

菅新代表の執行部人事や組閣を見ると、松下政経塾内閣と呼ばざるを得ず、片肺飛行を余儀なくされるであろう。この人事の反動は大きい。それから普天間基地問題では、沖縄との対話を重視しないと、再び沖縄の民意によって内閣が潰されることになりかねない。