小鯵の南蛮漬け

  • 木村貴史 公式ブログ/小鯵の南蛮漬け 画像1
いやぁ来ましたね〜

カニに牡蠣に鱈と言った冬の鍋祭りも落ち着いた今日この頃。

昨年の秋口に生まれ、春に向けて、生き残ってきた鯵の稚魚達が美味しく可愛く揚がって来ましたー


ホタルイカ漁解禁を待つこの季節、早めの春の味を憎らしいほど美味可愛いこやつらを喰うぞー!


では、久々のプチレシピ


小鯵(頭から食べたい人は中指サイズ):食べたいだけ

って言っても出来立て(からめたて)食べたい人は適量200弔鰺儖奸

玉ねぎ:1玉
人参(小):1本

タレ
酢:半カップ
醤油:4分の1カップ
砂糖:大さじ1
レモン:半分


いしる(魚醤):少々
鷹の爪の:一かけ

まず、鯵の下処理から。

エラをこじ開け、人差し指と親指で喉を掴みアゴから離す。
そして、腹に向かって引っ張ると綺麗にわたがはずれます。

水で綺麗に洗い、水を切ったらいしるをちゃちゃっと振りかけ馴染ませる。

下味をつけてる間に野菜を千切りに。
水に晒したらきります。

タレも大きめのボールにまぜておきます。

さー揚げていきます。
フライパンに薄めに油を張り、火を入れます。

鯵をいしるにまみれたまま片栗粉にどーんと投入。

油に投入!

中火でじっくり揚げていき、最後鯵から泡が殆んど出なくなったら、強火でカラッと

揚がったら油を切り、即タレに投入!ジュッと言わせて混ぜ合わす。

千切り野菜と輪切りにした鷹の爪を入れて軽く合わせて出来上がりー


ハァハァ、長い文章〜
わかりにくくてごめんなさい


っかし!美味いもんは美味い


いしるはホントにさらっとね


レモンじゃなくてすだちでも美味いだろーなー。
醤油も白醤油にすればあっさり西の風が吹くでしょうね


でわ