撮影中

映画“紙風船”目下撮影中


1960年代初頭、高度経済成長期に入ろうとしている頃。
東京郊外に立つ古い一軒家、現実と虚構の間で起こる女流作家の苦悩のお話。

僕の役は小説家の妻に食わせて貰っている、売れない画家
南雲蓮太郎。

愛する妻、千萱(ちがや)との間に授かった子供を死なせてしまった二人。

より創作活動に没頭する千萱(36)は蓮太郎(34)と担当編集者、皆口頼子(22)をモデルに、小説を書きはじめる。
次第に現実と想像の間で崩壊していく千萱。
その千萱を心配そうに見つめる蓮太郎。

まさか、自分が小説の中で絵のモデルと浮気しまくってるなんて露も知らずに…

という、とにかく切なくセクシーなお話


現実と虚構の蓮太郎を二役やります。

誠実と淫謄。

二人の女性との肉体関係。

大変だけど、楽しくやってます。
素敵な二人の女優さんを相手にドキドキです。

余裕が無くて、現場の写真が有りません
ごめんなさい


 
  • コメント(全0件)
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)