コメントありがとうございます

奇跡のシンフォニーはまだ観れてないのですよ〜


でも今日、素晴らしい映画を観てきましたよ


あのデヴィッド=ボウイの息子、ダンカン=ジョーンズが長編初監督した…

“MOON”邦題「月に囚われた男」

次世代エネルギーを月に求めた人類は、月の裏側にヘリウム3の採掘場を作る。

その内の1つで1人働く男の話。

話し相手はシステムを管理し人口のAIをもつロボットだけ。

3年の契約でヘリウム3を地球に送り続けた任期もあと2週間というときに、幻覚を見るようになり事故を起こす。

そして、目覚めた時、そこにはもう1人の自分の姿が…


ドープでディープなSFミステリー


登場人物は、1人と1台のロボット

90分、まったく飽きませんでした。

バジェットも少なくハリウッドメジャーの派手なエンタメでは無いが、周到なアイデアと適度な映像効果で観る者を飽きさせない。

最後がハッピーエンドなのも素敵だ


メジャーじゃなくても素敵な宇宙映画は撮れるのだ


やはりガーデンシネマのセレクトは素晴らしい!感謝


 
  • コメント(全1件)
  • りんご 
    4/21 22:04

    「月に囚われた男」
    みてみますね

    あらすじ聞いただけでワクワクそそられ


  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)