こんなことあるだろうか?俺が目の当たりにしたのはただのおっさんか、それともブラックホールなのか…

大阪府内、某所

道端で知らないおっさんに話しかけられる俺(´ω`)


おっさん「なあなあ、にーちゃん」

俺「……ん?」


振り返った俺は驚愕した…
なんとそのおっさんは
人差し指で思い切り鼻をほじりながら俺に話しかけていた
そう、そのぶっとく毛深い人差し指は
第二関節まで届かんばかりに力強く、奥深く…


おっさん「この辺で○○○ってとこ知らん?」

俺「いやー…ちょっと…知らないですねぇ…」

おっさん「はぁ?なんでやねん!」

俺「はぁ?なんでやねん!(色んな意味で)」


クレイジーだ
これは非常にクレイジーだ
怒られる意味もわからなければ
その人差し指が差す方向は
Where are you going?


「終始その人差し指をコッチに向けてこないかがとても怖かったね!
でも大丈夫だったよ。何故ならそのおっさんはずっと人差し指を刺したまんまだったから。俺に話かけてから最後までずっとだよ!数十秒の会話だったが俺は何時間も異空間に放り投げ出された感じだった。確かにあの時俺の恐怖以外の感情というものは全て忘却の彼方へと飛んでいってしまっていたんだ。ああ、今でもはっきり覚えているさ。あのぶっとい人差し指と何もかも吸い込んでしまいそうな鼻の穴はね。俺はもしかしたらこの地球上でブラックホールを見たのかもしれない。なかなかないだろ?こんなクレイジーなことなんてさ!」


ワンマンライブまであと一週間!
22日は道頓堀SHRIMPに集合だ(`・ω・´)


PS
鼻は家でいじりましょう(●`ω´)

 
  • コメント(全2件)
  • Lapis 
    12/15 01:05

    確かに 恐ろしい

    私 保育士ですが 6歳のクラスの子が 何回言っても 『それ』を やっています

    しかも 最後は その指についた物を食べています

    大人になっても 治らなかったら 怖いので 明日から 強く注意しよ

  • いずみ 
    12/15 09:24

    もしかして…



    鼻血を指で止めてた…とか

    (o^∀^o)



  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)