神業プレイバック! 有吉さんあだ名集。

お笑い芸人の神業というと、最近ではねづっちさんの「なぞかけ」がやっぱりスゴイですよね。

ちょっと前に見たのだと、「野球とかけまして、菅政権ととく、その心は・・・たくさんの投手(党首)が内角(内閣)を厳しく攻める(責める)でしょう!」…というのがあまりにも上手すぎて、テレビの前でスタンディングオベーションしてしまいました。

「ねづっちさん名作なぞかけ集」というのも集めたらキリがないと思いますが、いくつかのサイトで、『有吉さんの名作あだ名集』というのがまとめてあって、こちらもやはり凄まじい神業だと改めて思いました!

ちょっとだけ紹介しますと・・・

関根麻里・・・「ヘンタイの遺伝子」

ベッキー・・・「元気の押し売り」

小倉優子・・・「嘘の限界」

高木美保・・・「ヒステリック農業」

はしのえみ・・・「欽ちゃんの愛人」

矢口真理・・・「ワイプモンスター」

柳原可奈子・・・「豚クラゲ」「オカマ力士」

和田アキ子・・・「リズム&暴力」

小川菜摘・・・「極道の嫁」

ハイヒールモモコ・・・「シャネル潰し」

大沢あかね・・・「ブス界一の美女」

金美齢・・・「シルバーウルフ」

五月みどり・・・「愛欲銀行熱海支店」

はるな愛・・・「コスプレおじさん」


・・・・・なんでしょう、面白いの域を超えて何か芸術の香りさえしてきます。「リズム&暴力」とか「シルバーウルフ」とか死ぬほど笑いましたけど。「欽ちゃんの愛人」とかもうムチャクチャです!

しかし、スゴイですねぇ。歴史的名人芸です。ねづっちさんもそうですが完全にオンリーワンでナンバーワンです。

ネタをやれる番組が減っていく中、若手芸人が見習うべきはこういうことですね。はい、僕もこんなお笑いファン的な日記書いてないで自分の芸の方も頑張ります!