まさにベスト16。

まるっきりスポーティーな一面を他人に感じさせないことでお馴染みの僕ですが、実は中学時代サッカー部のキャプテンでした!



だからワールドカップは90年のイタリア大会からずーっと注目してきたわけですが、その当時の日本代表の惨状を考えれば、

ほぼ「ベスト8に手が届いた」という今大会の結果はウソのようです! 20年でここまで来たのは信じられない飛躍です!!

0対0でPK負けというのはいかにも悔しい結果ですが、ベスト16という結果はものすごく立派であると同時に、よくも悪くも今の日本の実力にふさわしい結果という気もします。

だけど、選手はみんな悔しくて泣いていました!

そう、なんとなくフワっとした空気のまま負けてしまった2002年の時のベスト16とは意味が全然違うのです。

とりあえず、最後まで、「日本が勝つんじゃないか?」と思わせてくれたことに大感謝です!

そして、ほとんどのサッカーファンと同様、僕も「日本は3連敗か、2敗1分け」と予想していたことを、ここで心よりお詫びし、二度とサッカーの予想などしないことをここに誓います!!