STAND UP! JAPAN

2011年3月11日 14時46分。


ちょうど1年前の事。


東日本大震災。


この日の事は2度と忘れない。


忘れてはいけない事だ。


たくさんの命と、たくさんの築きあげてきたものが…


一瞬でなくなった。


幸い、自分の親族は奇跡的に全員無事だった。


しかし、俺の知り合いで亡くなられた方たちがいた。


辛かった…。


あの時、青森の親族にはなんとかすぐ連絡が繋がったのだが、仙台にいる従弟に誰も連絡がつかず…。


奇跡的に俺が最初に連絡が取ることができ、そのとき本気で無事で良かったと安堵した。


あの瞬間は未だに忘れない。


俺は、あの日の事を事細かく鮮明に覚えている。


それだけ緊張と不安に明け暮れた1日だった。


むしろ、12日の昼くらいまではその状況だった。


皆で助け合い、その瞬間を生き、乗り越えた事を、俺は2度と忘れない。


あの日から今日まで、俺にできる様々な事をやってきた。


西川貴教兄貴と共に『STAND UP! JAPAN』という活動をし、チャリティーライブをし、実際に被災地に足を運び、土砂の除去作業などをした。


それでもまだまだ全然復興していないのが現実。


被災地は、あの日のがれきが無くなっただけの状態といってもおかしくない。


暮らす場所、食糧難、不十分な生活用品…


その現状から目をそらす事は俺にはできない。


だからこそ、復興活動を続ける。


今日が復興元年なんだ。


俺たちが生きていくうえで、この事実から目をそらさずに、この経験を後世に残していかなければならない。


それが生き残った俺たちが為すべき使命。


またいつあのような大きな地震が来るかわからない。


その時に今回の経験を糧に立ち向かわなければならない。


阪神大震災から復興できたのだから、俺たちにできないはずがない!


だから、今日からまた前を向いて日本国民全員で進んで行こう。


俺たちは日本というひとつの家族だから。


STAND UP! JAPAN


http://standupjapan.org/



寛生