勇気と希望をありがとう

  • 菊入寛生 公式ブログ/勇気と希望をありがとう 画像1
光星学院、負けてしまいました。


でも、ここまでの躍進劇には素晴らしいものがあります。


秋田投手をはじめ、皆が流したこの涙はいろんな意味で一生価値のある涙になるはずです。


俺がそうだから。


俺がいままで生きてきた中で1番泣いたのは、甲子園予選の準決勝で東海大菅生高校に負けたときです。


この悔しさが必ずこれからの人生で強みになる。


光星学院の皆さん、本当に感動をありがとう。


そして日本大学第三高校の皆さん、本当におめでとう。


よく打ち、よく守り、強いチームだった。


西東京代表としてよく優勝してくれました。


我が母校をはじめ、西東京大会で負けた高校の分もがんばってくれたとおもいます。


なんだか…


甲子園が終わると…


夏が終わる感じがする。


さて、気持ちを切り替えていまからリハに行ってきます!


そして今夜はパーティーだ!



寛生