すべらない話8(俺にとって)

  • KAZ 公式ブログ/すべらない話8(俺にとって) 画像1


おはようございます


といっても
まだ寝ていません

そう毎度の事です
Kazです


さっそく
いってみましょう!


これは時期もしっかり
覚えています


高2になったばかりの
春の話



俺の通ってた高校は
一年〜二年に上がる時だけ
クラス代えがありました


そして
高校一年のクラスが
好きだった俺は
二年になった時のクラス
(後に高校始まって以来最強のクラスになる)が、好きになれないでいました


俺は来る日も来る日も
バックレたり
午前中にきたり
六時間目だけ来たり

意味不明な奴でした。


そんななか
スグルが学校の帰りに
「ちゃんと来いよ!」

俺「俺、やめるかもしんない」


すぐる「いや、頑張ろって!」


次の日
二時間目くらいから
現れた俺

しんじ・すぐる
「おはよ〜!」



「おはよー、なんか今日気分乗らないから帰るわー」


すぐる
「お前、何しにきたんだよ(笑)」

しんじ
「あは、あは、あは」





「じゃ、なんか面白い事してくれよ〜」



すぐる
「わ、わかったよ!じや、それ面白かったら、ちゃんと学校来いよ?!」


しんじ
「あは、あは、あは」



俺・すぐる・しんじ
「ゴニョゴニョ…」



すぐる・しんじ
「よーし、わかった!」




そして倫理の時間なので
クラスに戻る



先生が来て
普通に授業が始まる



授業中盤



先生
「〜で、ソクラテスは…」






<事件は起きた>






突然
すぐるが


ガタン!と立ち



すぐる
「地球〜は、ま〜わ〜る〜」



大声で「君をのせて」を
歌いだしたのだ




そして、ものすごく下手。






更に




ガタン!






しんじ
「…ボンボン、…ボンボン」













後に聞いた話
ベースのつもりだったらしい



すぐるが歌っている所々に
ひたすらボンボンと言っていた









もちろん知ってるのは
俺だけ。





死ぬほどおかしくて
自分が爆発しそうになった。






その事件の瞬間の
クラスの固まり方
今でも忘れない。






「目が点」





その他に
使う言葉は
ないだろう。





そして
その後

彼らは
精神科をすすめられ

まともだと返していた



この話は
すべらない話というより

とにかく
自分が同じクラスだったら?
と想像してほしい


そして、友達のために
ここまで出来るやつ
やってくれるやつ
いるだろうか?!


俺にとって


それは忘れない恩であり
宝である。


写真は
高校のやつら!

今でも毎年こうして
バーベキューから
飲みから
大人数でやってます笑

子供がいるやつは
子供も(笑)





 
  • コメント(全6件)
  • ころ☆ころ★コロン 
    4/22 05:52

    友情パワーっ
    スゴイですね(*^.^*)

    羨まし



  • ちい 
    4/22 06:03

    すべらないっていうより友情のいい話だったね
    AZくんはいっぱいの良い友達に恵まれてていいな
    も高校の時、夜間の定時制に行ってたんだけど授業中に友達とよく抜け出して学校の横の繁華街の方によく行ったり途中で帰ったり彼氏と授業ぬけてデートしたりして
    今となれば懐かしい思い出

  • みずみず肉 
    4/22 06:23

    子供いるのってオレかな

    オレゎ目が点になった側だ

  • 黒牡丹★ 
    4/22 08:15

    私なら多分

    のるね(爆)


  • すぐりー 
    4/22 09:28

    歌い始める瞬間の緊張とシンジに裏切られて1人だけで歌うことになったらどうしようという緊張。あわさってすばらしい緊張感だった(^-^)/
  • ♪y〜u♪ 
    4/22 18:23

    高校2年はカラオケ
    っかり行ってました
    テスト中にもかかわらず。
    あと修学旅行で沖縄行ってから男女仲良くなりました

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)