すべらない話6(テロ)

  • KAZ 公式ブログ/すべらない話6(テロ) 画像1

さて、早くも6かぁ


やはり、すべらない話
人気ですな♪


早速いっちゃいましょう!



これは多分高3ぐらいの
はなしだったかなぁ


その日学校から
帰ってくるチャリが重くて重くて

そしたら空気が
普通に抜けてたわけです


家に付き

ちょっと空気いれるかなぁ〜


と。



っで

ちょっと入れてみて
走ると







めっちゃ楽やん!





空気入ってると
はいってないので
こんなにちがうのかと。




よし
もう少し入れとこう!




そして
自転車をとめ


家に入り


飯を待ちました



やがて
親父が帰ってきて
チャリを止める音が

聞こえました。





親父「ただいま〜」



みんな「おかえり〜!」








<事件は起きた>









パァーーーーーン!









何かの破裂音?爆発音?発砲音?

近日中に響き渡る


親父



外を、

サッ


と見ながら

親父
「もしかしたらテロかも知れないから気をつけろ!」


俺は心で言った
(何をどう気をつければ良いのだ?!)


この時たしかアメリカで貿易センタービルの事があり、何故か親父は敏感に(笑)



そして
鍵を厳重に閉め


電気を消し


音を立てずに
静かに次の音を待った




何も起きない。



今、考えれば
あのすごいテロの後に
何故、家なわけがあるか(笑)







その後
普通にときは過ぎ





翌朝
遅刻ギリギリの俺が
いち早く何の音かわかったのだ




と共に遅刻が確定したのだ。






お分かりだろうか?






前夜、あまりの
空気があるとないとのちがいに
テンションが上がった俺は
チャリの極限まで



いや



限界突破まで
体のありとあらゆる筋肉で
チャリに空気をいれていたのだ。







もはやアホである。







結果






自宅前で爆発。






昨日の
電気を消して
静かにしていた
我が家



プライスレス。









写真は
全然関係ないけど
バットマンTシャツ風(笑)の
変態Tシャツを
マサと39にあげた時の(笑)