[Lunch]テールシチュー

  • 川島けん 公式ブログ/[Lunch]テールシチュー 画像1
  • 川島けん 公式ブログ/[Lunch]テールシチュー 画像2
  • 川島けん 公式ブログ/[Lunch]テールシチュー 画像3
日曜日
寝坊した。
窓の外は天気がいいし、世間様はお休みだ。
GWか。なにそれ? 美味しいの?
昨日の夜、と言っても夜中だがストレスマックスだったので、ブラウンソースを作ってみた。
なにそれって思うでしょうね。
実は牛テールを煮込んでいてそれを何に使うか全くイメージしてなかったのだ。
で、ポトフかなって思っていたのだが味のイメージがつかなかった。
そもそもなんで牛テールなんぞ買おうと思ったのか、何故今迷うのか?
スーパーでこの牛テールを見た時、これでビーフシチューを作ったらさぞ美味しかろう。
という単純な思いがけ。
その時の素直な欲望に戻ってみた。
ブラウンソースの作り方はネットで見て知っていた。
バターと小麦粉をじっくり弱火で炒める。
集中してフライパンと格闘しているとストレスが和らいでいく。
他の人にはわからない感覚でしょうね。


[牛テールシチュー]
牛テール、じゃがいも、人参、玉葱、セロリ、長ネギ、生姜、大蒜、赤ワイン、トマト缶、各種香草類(ゴメン忘れた)、塩コショウ。
食パン。

牛テールは一度水から沸騰させて取り出す。
骨と肉の間に血が溜まっているので丹念に取り除く。
鍋に新しく水を張り洗った牛テールを入れて火にかける。
セロリと長ネギ、玉葱、生姜、大蒜も一緒に入れる。
長ネギは先端の青い方を使います。
沸騰させて5分くらいたったら保温鍋に入れる。
うちにある保温鍋は20年くらい使ってるかもしれない。
一晩そのままで翌日には牛テールが柔らかくなってた。
翌日もまた火にかけて保温鍋へ。
更に翌日もまた同じ。
3日くらい迷ってたんだよね。
昨晩急遽、初心に戻ってビーフシチューにしようと決意。
ポトフの繊細な味のイメージが無かった。

煮込んだ牛テールに丸ごとのじゃがいもと玉葱、4分の1に切った人参を入れて更に煮こむ。
玉葱は溶けてなくなってしまった。
フライパンにバターと小麦粉を入れて弱火でじっくり炒める。
文字通りブラウンになればそれでOK!
既に煮こんである牛テールに入れて一晩置けば良い。

で、一晩たった昼に暖めて頂きます。

ハインズのビーフシチューに似てる。
ちゃんと作れば、うまく出来るのだな。
牛テールを買ったのが先週の日曜日、一週間かけて作った牛テールシチュー。
味わい深いです。
迷った時は直感で勝負!
ですかね。

 
  • コメント(全4件)
  •  
    4/28 16:03

    お兄ちゃんこんちは


    旨そうだよ〜


    天気いいみたいだね


    たまにはお寝坊さんもいい


    ゆっくり休んでくださいね

  • 川島けん 
    4/28 16:52

    杏さん:いつもありがとう。でもね、今日も仕事なんですよ
  • ちぃ 
    4/28 22:54

    シナモンをほんの少し入れると美味しいですよ

    シナモンは苦手な方が多いけど、入ってるの気付かない位の量でも入れれば仕上がりの味が違います

    お仕事、無理しないで下さいね。
    人間の集中力に持続性は限りがありますしね。ストレスで体調崩されませんように。
  • 川島けん 
    4/29 00:32

    ちぃさん:そうですか。シナモンは手元になかったです。なるほど、ありがとうございます。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)