[Lunch]茄子とツナトマ

  • 川島けん 公式ブログ/[Lunch]茄子とツナトマ 画像1
15年くらい前、友人のお店を手伝っていた。
軽井沢にあるレストランだ。
今はその場所から移転した。
といってもおなじ軽井沢だが。

その友人曰く、「うちは定食屋だから」と言っていた。
出すものは、鰺フライ定食、トンカツ、各種パスタ、サラダ、ステーキ、カレーなど

特に力を入れていたのがパスタだ。
ベースとなる和風ソースとトマトソースを毎日仕込んでいた。
パスタはゆであがるのに時間がかかる。
しかし、湯で置きはしない。

夏の軽井沢の繁忙期は凄まじい。
お客様にいかに早く料理を提供できるかが勝負になる。
しかしだからと言って麺の湯で置きは絶対にしなかった。

ここで覚えたのがトマトソース作りである。
そのトマトソースを使った人気料理、ツナトマ。
ツナとトマトのスパゲティである。

これに茄子を入れた裏メニューがあった。
茄子とツナトマ。
酸味のあるトマトと茄子がわたし好みで大好きなメニュー。

久しぶりに作ってみた。

[茄子とツナトマ]
材料
トマト煮缶、ツナ缶、玉ねぎ、ピーマン、椎茸、茄子、バジル、塩・胡椒・料理酒。(固形ブイヨン)
付け合わせは茹でちんげい菜。

ツナトマトソース
今回は、一つの鍋で作ってみた。
浅底の鍋にオリーブオイルとタマネギのみじん切りを入れる。
しんなりしたらスライスしたピーマン、椎茸を入れる。
塩こしょう少々。
適当な所で、ツナ缶をいれる。
火が通ったら、料理酒を入れて軽くフランベする。
におい消しにバジルを入れる。
トマト煮缶を入れる。(固形ブイヨンがあれば入れる。)
10分くらい煮込む。

茄子
茄子は別に焼いておく。
わたしの場合は、ガス台についている魚焼きのオーブンで焼いている。
いわゆる焼き茄子である。
皮がこげるほど焼いた。
時間にして10~15分くらいかな。
皮を剥いて輪切りにしておく。


例によって水に付けておいた。
今日は沸騰してから2分30秒くらいであげた。

茹で上げた麺とソースを絡めて、輪切りの茄子の上からツナトマトソースをかけて完成。


このトマト煮缶はやたらと酸味が合った。
酸味のあるトマトとなすが合って美味しかった。
酸味がありすぎるので、茄子が無いとくどいかもしれなかった。

軽井沢の友人のお店は、場所が変わってもっとレストランぽい雰囲気になっている。
今度のお店は洋食屋さんだそうだ。
http://karuizawatankentai.blog3.fc...

 
  • コメント(全8件)
  • 水月 碧桜 
    1/25 17:12

    ナスとツナとトマトの組み合わせは最高ですね

    メニューにかなりの確率で載ってますね

    また、かなりの確率で注文しちゃいます

  •  
    1/25 17:18

    今晩はかな
    井沢いい所ですよね
    スタの美味しい料理いいですね
    日のパスタ旨そうだ

  • 川島けん 
    1/25 17:40

    水月 碧桜さん:パスタはあまりお店で食べないんですが、多いんですか。あれば注文してしまいそうですね。
  • 川島けん 
    1/25 17:41

    杏さん:今日のパスタ手間かかりましたよ。といっても焼き茄子を剥くのがたいへんだっただけですが。いつも適当なのですが、今日のはよかったです。
  •  
    1/25 17:52

    焼きナス美味しいですよ〜僕の新着一言に約3時間前に珍しい食材を書いてあるよから覗いて
    を使い料理しますから予想して下さいね

  • 川島けん 
    1/25 21:10

    杏さん:拝見いたしました。遅かったですね。馬刺しは時々食べます。カエルは未食ですね。挑戦してみたいです。流石、料理人ですね。居酒屋再建は早そうですね。期待してます
  •  
    1/25 21:25

    兎と蛙の肉は鳥肉に似ていますから食べやすいですよ
    だよ〜
  • 川島けん 
    1/26 11:45

    杏さん:心に留めておきます。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)