師匠

昨日、師匠が語ってくれたことです
『そわか』の法則です
話の発端はトイレの神様の歌って凄いよねからでした。
『そ』そうじ
『わ』笑い
『か』感謝
が大切だと。

その時私は思い出しました。
高校生の時、結構面白いと言われてました。人が自分がしたことで笑ってくれる心地よさ、笑顔になってくれる嬉しさがあったからこの道を選んだんだと。
もっと早くお笑いにいけば良かったのかもしれませんが…
でも今だから、師匠パルさんに出会えたわけで、今で良かったんです。
世の中偶然はなく必然だから。
師匠と出会い、師匠についていきたいと思ったのは芸はもちろん心の人だったからで

ある時師匠が『プラスの言葉を常に言うんだ。ありがとう、美味しい、嬉しい、楽しいなど。そうすると必ずプラスの神様がやってくると。
反対にマイナスの言葉をいうとマイナスの神様がやってくると。』


プラスの言葉には感謝の心がついてきます。そわかのかです。
感謝がないときは必ずマイナスの言葉を言ってるものです。
人はほんとにひとりぼっちになることはないと思います。必ず何かが支えてくれます。それは人ではないときもあると思いますが…
ふとした風だって自分の心を満たしてくれることもあります。
でも現実世界を生きてると自分に余裕がなくなり感謝を忘れてマイナスが強くなってると思います。
私は師匠にプラスの神様の話を聞いた時に自分が一番大切にしていたい心を持っている人だと感動しました。ついていきたいとおもいました

素敵な笑いを届けられる人になりたいと心底思った亀子でした。

なんかもっと上手く伝えたかったのですが…
なにか伝わったら嬉しいです!!

それではおやすみなさい