図書カード

  • 川崎渓都 公式ブログ/図書カード 画像1
本棚から500円分の図書カードが出てきたので
本を買いました。

最初は漫画の描き方本だけのつもりだったのですが
スポンジボブの本がレジの横にあったので
ついうっかり買ってしまった…

レジ横の罠にまんまと引っかかった。

本ではボブのグッズがじゃんじゃん紹介されいて
さらに欲しくなる。
まさに魔のループ。


500円の図書カードを見つけたばっかりに
恐ろしいループに飲み込まれてしまいました。


だけど久々に図書カードを使いました。

高一の時は毎週使ってました。

高校の入学祝いに、オジサンから1万円分の図書カードを貰ったので。

幼少時代、ミヨコに何度も殺されそうになった
あのオジサンです。
ミヨコというモンスターを姉に持って
ぶじ生き延びた。
ある意味、強運の持ち主。

そんなオジサンから貰った図書カードですが
毎週ジャンプを買うのに、ちょこちょこ使ってしまいした。

買い忘れた週とか
途中からスピリッツに乗り換えたりしたけど

一年ぐらい使えました。


すごく便利だった!
入学祝いには、図書カードをオススメします。


参考書とか買って、勉強頑張ってね
っていう想いでプレゼントしてくれたと分かっていたけど
漫画に使い果たしちゃった。

子供なんて、そんなもんです。
ミヨコの娘だし…
オジサンごめんなさい!

でも、週刊マンガ雑誌だけで
1万円の図書カードを使い果たした瞬間は
自分って最低だな…と反省しました。

なんだかオジサンを裏切った気持ちになりました。

反省して、図書カードがなくなってからは
コンビニで、ジミヘンだけ読んでは
買わずに帰ってました。

立ち読みです。

図書カードなくなったら
自腹切ってまで買わないって言う
この意地の汚さ

我ながら、どうしようもない奴だった思います。

全部、図書カードが
そうさせたんだと思っています…