豪華なランチ

  • 川崎渓都 公式ブログ/豪華なランチ 画像1
今日のお昼ご飯は
一丁500円の超高級とうふです。

今日、この豆腐を食べるのは2回目です。
初めて食べたときは
そりゃあ驚きました。



最初は
500円の豆腐?
もったいない
グルメじゃないし、味のわからない私にはもったいない…

と思いました。
でも遠慮なく頂きました。

そして初めて食べ物に泣かされました。
美味すぎる。


この豆腐は、本わさびと伊豆大島の塩と醤油が
セットになっていて

こうして食べろ!みたいになっていて

仰せのままに…と全部かけて食べます。


一口頬ばれば
お口の中はワンダーランド。

壮大な海の波の音が聞こえてきます。

わさびが爽快な風のように鼻を通ります。

醤油が、塩とわさびの個性を壊さないまま
全てを一つにします。

そしてお豆腐様の繊細で優しい歯ごたえが

もう何も心配することはないのだよ…

と囁いているようで…


猛烈に美味しい…


世界の平和が、私の口の中で表現されているようで
涙がちょちょ切れました。

わさびだけじゃ、こんな純粋な涙はでないでしょう…。


他の豆腐で、この味を再現したくて
塩かけたりユズスコかけてみましたが

やっぱりダメだ!
本物には遠く及ばない。


だけど、ここまで素晴らしい豆腐を体感すると
逆に怖くなります。

この豆腐しか食べられなくなるんじゃないのか…とか

この豆腐を頻繁に食べ過ぎて、もしこの豆腐に飽きてしまったら…

私は何を食べても感動しなくなってしまうのでは…

そう思ったら怖いです。
だから祖母に言いました。


この豆腐は、誕生日や
国民の記念日とかだけの
スペシャルメニューにしよう…
みんなの大切な日だけに食べよう…って…


そしたら祖母がポカーンとしながら

これ、豆腐だよ?

と言いました。



違う、これは豆腐じゃない…

これは芸術です。