稽古場便り10/30

  • 川久保秀一 公式ブログ/稽古場便り10/30 画像1
  • 川久保秀一 公式ブログ/稽古場便り10/30 画像2
  • 川久保秀一 公式ブログ/稽古場便り10/30 画像3
今日は夕方から稽古場へ。行く前に久しぶりに松屋で牛丼を食べましたが、友人たちの評価通り、確かに美味しかったなぁ〜。まぁそんな話はどうでもいいとして(^ ^;

到着するとちょうど「笑う警官」の通し稽古の最後のあたり。
終わると気になるシーンの修正的なことをしていくわけですが、今日はほぼオープニングのあたりを。この演目ではちょこっと僕が歌うんですが、その歌に合わせての諸々のタイミング合わせですね。
僕は歌うのに必死だったので、ステージ上で何が行われてたのかはほとんど見えてないんですが、きっと素敵にまとまったに違いないでしょう!(^ ^)

そして今日も休憩時間に役者さんたちとコミュニケーション。
近藤弐吉さんは、「笑う警官」で主役の佐伯刑事を演じます。
はじめてちゃんとお話しさせていただきましたが、すごく温かい感じの方です。
演じる刑事は睡眠障害とかPTSDとかある大変な方なんです。

石井ひとみさんは、「笑う警官」ではとある店のママ(元締め?)で、「新宿のありふれた夜」ではシングルマザーのホステスさん役。どちらも登場するときは酔っぱらってるという設定で、かなり面白いです。
劇中ちょっと鍵盤を弾きながら歌うシーンがあるんですが、コード進行の整理をお手伝いさせていただきました。

秀一(しゅういち)君は、「新宿のありふれた夜」で、暴力団相手に血気盛んな刑事を演じます。他にも色々ちょこちょこ登場します。
読み方こそ違えど僕と名前が同じということで、親近感を持って下さってたようで、大変ありがたいことでございますm(_ _)m

草薙仁さんは、「新宿のありふれた夜」で、お話の舞台となる店のマスター役。主役であります。乱闘シーンがあるんですが、ヤクザではないために殴られっぱなしです(笑)。でももしかするとこの話の中では一番のヒーロー役ですね。

今泉君は「新宿のありふれた夜」では若手ヤクザ役。血気盛んな演技も抜群ですが、乱闘シーンで素晴らしい殺陣を見せてくれます。しかし顔小さくて羨ましい〜(> <)
そして杉原茜さんは、「笑う警官」では殺害されてしまう婦人警官の役なんですが、かなりセクスィ〜な姿で登場します。初めてそのシーンの稽古を見た時はちょっとびっくりしました(^ ^;。あ、裸とかではないのでご安心を。

絵理子ちゃんは事務所の後輩になります。20歳になったばかり。
「新宿のありふれた夜」で、主役のベトナム人の女の子を演じます。
名前は知っていたものの、今回初めて一緒の現場になったんですが、噂通りの素晴らしい感性を持ってるなぁと、感心しております。そのうち僕は彼女にダメ出しされることになるでしょう(笑)。

明日も夕方から稽古場入りです。

【佐々木譲の世界〜夜と弾丸〜】
(芝居)
[期間]11/6(火)〜11/16(金)
[会場]東京・両国シアターX(カイ)
[演目]『笑う警官』『新宿のありふれた夜』『荒木町ラプソディー』
※川久保は全演目に出演します
[チケット]
前売り自由席4,500円/指定席4,800円
当日自由席5,000円/指定席5,300円
2本券自由席7,500円/指定席8,100円
3本券自由席10,000円/指定席 10,900円
[チケット予約/問い合わせ]
現代制作舎:TEL 03-3482-3383/m08050999789@ezweb.ne.jp
川久保事務局:21dream@kawakubo.net
※ご予約の際はチケット枚数、ご覧になる日程及び回、そして「川久保のHPを見た」「川久保からメールニュースが来た」等、川久保の名前をお伝え下さい。
※当日受付での精算の場合、万が一当日キャンセルになってしまっても全額頂戴いたしますのでご了承下さい。