断崖マニア!?

  • 川越塔子 公式ブログ/断崖マニア!? 画像1
アイルランド流結婚式の翌日は、早起きしてロッサヴィールという港からフェリーに乗り、アラン諸島の中の一番大きな島、イニシュ・モアへ行きました。

この島の一番の見どころは、ドゥン・エンガスという古い城塞跡。と言うよりも、20分ほど険しい坂道を上った末にこの城塞跡にたどり着き、そこから望める切り立った崖の絶景です。

アランニットもとても素敵で、見ていたらすごく欲しくなったけど、でも日本の生活であのざっくりごついセーターを着られる機会を考えたら、おそらく年に一日ぐらいしかなさそう…ということで、涙を飲んであきらめました。

アラン諸島の翌日は、またまた早起きしてバスツアーに参加し、今度は「モハーの断崖」を見に行きました。これはドゥン・エンガスより格段に整備された歩道を歩きつつ、ドゥン・エンガスより数段スケールの大きい崖を見る、というもの。

奇跡的に晴れた結婚式の日以外はだいたい雨でとても寒かったので、断崖ともなればそれはもう寒風吹きすさぶ、という感じで、なかなか厳しい心持ちになります。

「キミが殺したということは分かってるんだ」「ええ、そうよ、あの子が憎かったの」…、大声で「火サスごっこ」をしたくなる感じ(笑)。実際しましたけどね。東尋坊とモハーの断崖ではだいぶ趣きも異なりますが。

アイルランドの西海岸にどうしてあんなすごい断崖がたくさんできたのかは、ドライバー兼ガイドさんの説明を聞いた(つもりだった)けどよく分かりませんでした。だって全部英語なんだもん。とほほ。

アイルランド人のドライバーさんはすごく親切で、景色の良いポイントに来ると「写真を撮ってきなさい」と言って車をとめてくれるのですが、後で見たら全部崖でどれがどの崖だか区別がつかない(笑)。

工場夜景マニアとか高層ビルマニアとかのように「断崖マニア」なる道があるとしたら、私はまだまだのようです。いや断崖マニアにとってはあの場所は聖地に違いありません。

アラスカの海で氷河を見た時にも思ったけど、自分で「行きたい」と思って選ぶ旅行先って限られていますよね。寒いところが嫌いな私は、友人がいなければ一生、アイルランドの断崖を見に行くことはなかったでしょう。まぐありがとう!