君と見る夢

  • 川越塔子 公式ブログ/君と見る夢 画像1
「君と見る夢」が昨日、おかげさまで大盛況のうちに終わりました。

新作ということもありますが、有節歌曲(1番、2番と同じメロディで歌詞が変わっていく)形式で書かれた曲が多いこのオペラ、しかも言葉に合わせてリズムや音型にも微妙にアレンジが加えられてゆくので、歌う側にとってみると間違えるリスクが満載です(笑)。

暗譜が苦手な私とて、それはそれは一生懸命覚えましたよ。でもなんでか知らないけど本番というものは、今まで一度も不安に思ったこともないような箇所をふいに間違えてしまうものです。とほほ!

日本語のオペラだというのに今回の公演は字幕が出ていたので、間違えればお客様にも一目瞭然。それでもたくさん拍手してくださったあったかいお客様、本当にありがとうございました。

また一つ、新作オペラの誕生の瞬間に立ち会うことができました。幸せな経験です。私が出演した3月8日は「女性の日」。イタリアでは女性に黄色いミモザの花をプレゼントしまくります。すっかり忘れていましたが、終演後に食事をしたのがたまたまイタリア料理屋さんで、カクテルの「ミモザ」をプレゼントしてもらっちゃいました