「天守物語」

  • 川越塔子 公式ブログ/「天守物語」 画像1
  • 川越塔子 公式ブログ/「天守物語」 画像2
昨日、日本オペラ協会公演、水野修孝作曲「天守物語」が無事に終演しました。

節分で、豆を撒いたり恵方巻きを食べたり何かとお忙しい中(笑)新国立劇場へおいでくださった皆様、本当にありがとうございました。

富姫を演じるのは2度目でしたが、作品と役柄の大きさに押しつぶされそうだった4年前とくらべると、ほんの少しまわりが見えて、物語の奥深さや音楽の芳醇さをかみしめつつ、舞台に立つことができました。

とは言え。見えてくればきただけ、この役も作品も、大きく重く眩しすぎて、まだまだ私ごときの手には負えんなぁ!と無力感に苛まれてもおります。岩田さんの最後のダメは「もっといい女になる余地がまだあるってことだ」。

一日一日を大切にして、もっといい女にもいい歌手にもなりたいものです。本番が終わると自分の限界を見て途方に暮れるのは毎度のことですが、次へ進まねばなりません。挑戦すべき次の舞台を与えられているというのは何と幸せなことでしょう。

写真は、マエストロ・山下一史さんと、それから愛しの図書さま・柴山昌宣さんと。