復興の第九

  • 川越塔子 公式ブログ/復興の第九 画像1
宮城県岩沼市・みんなで歌う第九の会の、26回目の「第九」演奏会が大盛況のうちに終演しました。初めて参加させていただいた私にとっても、忘れられない演奏会になりました。

岩村力さんの指揮による昨日の演奏会は、まずヨハン・シュトラウス作曲のオペレッタ「こうもり」の序曲、そしてメインのベートーベン作曲、交響曲第九番「合唱付き」。

私にとっては「第九」のソプラノソロも初めてなら、被災地に足を運ぶのも初めてでした。岩村市民会館のまわりにも、仮設住宅がびっしり。

仙台フィルはプロですからさすがの演奏でしたが、復興への思いを込めた地元の皆さんの合唱は、本当に胸に迫るものがありました。会場のお客様にも参加していただいた、アンコールのNHK復興支援ソング「花は咲く」ではこちらが泣きそうになりました。

自分の演奏については、ちょっとしか出番はないのに反省点が満載ですが、初めての第九を被災地で経験できたことは、私にとって特別な出来事でした。あと、北国だから電車のドアがボタンを押さないと開かないのがカルチャーショックでした(笑)。

岩沼の皆さま、ありがとうございました。

 
  • コメント(全4件)
  • Kaiser 
    12/18 04:17





    東京の青梅線


    ボタン押さ無い


    開きませんょ(笑)!


    だから青梅線に乗入れる


    中央線の車両doorに


    開閉ボタンが


    付いて居るのです(笑)!


    コチラは寒いからでは無く、


    乗降客の少な


    田舎だから経費節減?(笑)
  • ぱむ♀多忙★in&コメ減お許しをm(__)m 
    12/18 11:14

    どの演奏会もですが、今回の被災地での演奏会は、より一層、聴きにいらした皆さんが、生命の輝きや様々な感動を感じられたことと思いま


    「第九」は、もう20年近く歌っていませんが、学生〜独身〜子供幼少時まで、出産した年以外は毎年、アマチュア合唱団で歌っていました
    台フィルにも、確か外山先生の指揮で、演奏して戴いたことがあり、その年の演奏はとても良い(アマチュアとしては)ものとなったことが、懐かしい思い出で

    娘も高校の学校行事で歌い、実行委員長も勤めたこともあります

    そんなこんなで、年末になると「また歌いたいなぁ」と思いつつ、体調の不安定を言い訳に、踏み出せないままで
    いつの日か、主人とまた歌いに行きたいです
    来れば娘も一緒に
    して、ソプラノソリストが川越さんだったら、更に楽しくなりそうです

     
  • 美夜 
    12/18 15:38

    お疲れ様でし


    岩沼の第九演奏会は長く続いているものみたいですね


    聴きに行けなくて残


    仮設住宅が建っている市民会館前は、会館の駐車場だったんですよ(と言っても、舗装もしていないただの空地でしたけど)。

    ところで、電車のドアの開閉ボタン、初めて体験されたんですね


    乗り降りの際、自分が最後だったら、ボタンを押してドアを閉めるのがマナーで

  • アンネローゼ 
    12/18 23:40

    あたしも、大震災の半年前に松島に行き、電車の手動開閉ドアに驚きまし

    乗客数の多い駅では自動ドアですが、乗客数の少ない駅では、社内の気温を逃がさないために手動と聞きました

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)