マエストロと対面

昨日、来年2月に新国立劇場で公演予定のオペラ「天守物語」の音楽稽古で、今回の公演の指揮者、山下一史マエストロと初対面してきました。

山下一史さんは、「帝王」カラヤンの最晩年にアシスタントを務めた方で、最近ではオペラの指揮も精力的にこなしていらっしゃいます。

「天守物語」を振るのはもちろん初めてで、この指揮者泣かせの(いや歌い手もだいぶ泣きますけどね)難しい曲にマエストロ山下がどうアプローチするのか、私はとても楽しみにしていました。

そして昨日、初めての音楽稽古でしたが期待通り、とても新鮮な視点を与えていただきました。さすが、マエストロは音楽家なんですよね(当たり前だ)。水野修孝さんの書いた音を、先入観なしに感じてみよう、というスタンス。

私たち歌手は半分役者?なので、「天守物語」と言えば特に泉鏡花の文体や坂東玉三郎さんの台詞まわしに、それはもうめちゃくちゃ影響されます。

作曲者の水野修孝さんはもちろん、泉鏡花の書いた言葉をとことん大切にして、旋律やオーケストレーションを作りあげています。

その完成度の高さに、何と言うか私たちが甘えてしまい、今まで、言葉と音楽のバランスで言えばずいぶん言葉に傾いた形でこの作品に取り組んできたような気がするんですよね。

それに気づかせてくれた、マエストロ山下。私ももう一度スコアに立ちかえって、泉鏡花の文体そのままに幻想的で魅惑的な修孝さんの音楽を、誠実に立ち上げてみたいです。