初日が開きました

  • 川越塔子 公式ブログ/初日が開きました 画像1
ご無沙汰しております(笑)。

3月に「フィガロの結婚」に出演したとき、レチタティーヴォ・セッコのプレッシャーについて書きましたが、「秘密の結婚」は「フィガロの結婚」の6年後に初演された作品。

モーツァルトと同時代を生きたチマローザが、「フィガロの結婚」のパロディーとは言わないまでも、かなりモーツァルトを意識し、お手本にして作曲したオペラです。

つまり「秘密の結婚」も、当然レチタティーヴォ・セッコで物語が進行するわけですね。しかも、モーツァルトにくらべると、大変失礼ながら、音楽の完成度が若干…劣る(ごめんドメニコ)。そこがチャーミングなところでもあるのですが。

ともかく「フィガロ」の時と同じく、あるいはそれ以上に「セッコの恐怖」とたたかいつつ、本日はこれから3回めの本番です。終わったら後日談書きますね。