黒胡椒チーズ

  • 川越塔子 公式ブログ/黒胡椒チーズ 画像1
ワインとチーズ、と言えば、私たち東洋人が口を挟む余地なく、黄金の組み合わせですよね。通の人なら、どんなワインにはどんなチーズ、と細かなこだわりもあるはず

私は、ほんの一ヶ月ですがパリに留学した時、ホームステイした家族と毎晩食事を共にして、フランス人はレストランじゃなくお家でも、日常的に食後にワインとチーズを楽しむのだ、というのを体験して驚きました。

もっとびっくりしたのは、その家のお父さんは毎晩、まだ14歳の長男(オリヴィエ君)に「今夜の食事はトマトのスープと鶏のグリルだよ。合うワインを選んでおいで」と言って、ワインの置いてある部屋に一人で行かせるんです。フランス人男子はワインを飲めないうちからワインと食事のマリアージュ?を学ぶわけですね。かなわないよなぁ。

純粋日本人の私も、だいぶヨーロッパにかぶれた仕事をしているせいもあり、ワインがとにかく大好きです。何度も言うように「ワイン通」の要素は微塵もありませんが、ほぼ毎晩欠かさずワインを飲みます。

日本在住で日常的にワインを飲む私の、最近のお気に入りチーズが、写真の「QBBベビーチーズ、ブラックペッパー入り」です。何よりも素晴らしいのは、このチーズは普通にスーパーで買える。そして安い(4ピースで100円程度)。そして、侮るなかれ、美味しいんです。

このQBBのチーズにはいろーんな種類がありますが、私のおすすめは断然、ブラックペッパー入り。確かに私は胡椒をこよなく愛するコショラーですよ。でも、くせのないプロセスチーズを黒胡椒が大人の味に仕上げてくれていて、このチーズは本当に秀逸な商品なのです。

ま、私が勝手に「ほんと美味しいなぁ」と言いながらワインを飲んでるだけなんだけど、もしかして興味のわいた方、あなたの近所でもきっと買えるので、ぜひお試しあれ。共感してもらえたら嬉しいなぁ。

もう一つ、最近気に入っているワインのおともは、素焼きのナッツです。専門店に行かないと買えない外国のチーズはもちろん美味しいけど、スーパーで買えるチーズとナッツを交互に食べつつワインを飲むのもなかなかいいものです。

ほんとは「ジェンダー」勉強しなきゃいけないんだけど。