あーさんリサイタル

  • 川越塔子 公式ブログ/あーさんリサイタル 画像1
  • 川越塔子 公式ブログ/あーさんリサイタル 画像2
昨夜、代々木上原にある素敵なサロン「ムジカーザ」へ、友人のピアニスト「あーさん」こと吉川隆弘さんのリサイタルを聞きに行ってきました。

吉川さんはミラノ在住で、私もイタリア留学中に知り合い、東京で一昨年、私の初めてのリサイタルの時には来日して伴奏してくれました。

吉川隆弘さんなのにどうして「あーさん」と呼ばれているのかと言うと、私もよく覚えていないのですが20年ぐらい前のサントリーのウーロン茶のコマーシャルで、中国人らしき若者が登場する「あーさんもお気に入り」というコピーの作品があって、それに登場した「あーさん」が彼にそっくりだったんだそうです。

そんなわけで私が出会った時はすでに皆から「あーさん」と呼ばれていた吉川さん。今はイタリア人の奥様との間に二人のお子さんがいて、イタリアのレーベルからCDとかDVDを出しちゃったりして、ミラノを拠点に活躍中です。

今日のプログラムは、前半がベートーベンのソナタとショパンのポロネーズ、後半はブラームスのラプソディとリストの「超絶技巧練習曲」でした。

盛り沢山でしたが、今日の演奏は本当に素晴らしかったです。あーさんはいつも情熱のある魅力的なピアノを弾く人ですが、情熱が先走ってバラバラに、というか悪く言うと「雑に」聞こえることがあるなぁ、と、ピアノ素人の私のくせに思うことがありました。

その印象が今日は払拭されて、最近のあーさんの集中力と充実した勉強ぶりが分かる、聞いているこちらの体にも力がみなぎってくるような、丁寧で力強いピアノでした

私たちはよく「3時間もあるオペラの歌詞をよく覚えられるわねぇ」と言われたりしますが、歌手の私にしてみれば、言葉のない曲をたった一人で暗譜するピアニストの方がよっぽど超人的です。

特にリストの「超絶技巧練習曲」なんかは、ただ単に楽譜に書いてある音をその通りに弾くだけでも、とんでもない技術が必要です。

プロに対して言うのも失礼だけど、あーさん、たくさんたくさん練習したんだろうなぁ。そしてそれはお客様に伝わるものなんですよね。見習いたいです。