開眼!?

今日、リサイタル用のドレスが出来上がったので取りに行ってきました。さらにそのままドレスと着物を持って、ヘアメイクをお願いしているエイミー前田さんのところへ、髪型のリハーサルに行ってきました。

30分の休憩時間で、ドレスを着物に着替え、髪も洋から和へ、すっかり変身の予定です。

…という感じでリサイタルの準備は着々と進んでいますが、肝心の演奏の方も、日々自分と向き合いつつ、準備中です。

前にこのブログに「今、本番でできることは1年前の自分にできたこと」と書いたことがありますが、それくらい、新しい技術を完全に自分のものにするには時間が必要です。

でも、きまって大きな本番がせまって練習やレッスンにいつも以上の集中力が生まれた時、新しい技術が見つかるものなんですよね。

今回も10日ほど前、これは!!という発見がありました。説明するのは難しいですが、横隔膜の使い方と腹筋・背筋のバランスのようなことで「開眼(大げさ?)」したんです。本当に。「今までこれを知らずに歌ってきたなんて!」という感じ。

見つけたからには、土曜日のリサイタルで是非ともそこを使って歌いたい。でも、今回は特にすっかり自分のレパートリーになっている曲ばかりを歌うので、前の歌い方を体がしっかり覚えている…。

私の場合、本番では必ず、お客様を前にした緊張と、あとは何と言うか、過剰な?サービス精神みたいなものが湧き出てくるので、表現や「見せ方」に腐心しすぎて声そのもののコントロールが甘くなる、傾向があります。

今回はぐっとこらえて、落ち着いて「声」でお客様に納得していただける歌を歌うのが目標です。1年かかることを、あと5日(わー、もうすぐだ)でやってみせましょう。どうぞお楽しみに。