おもしろい曲目解説って?

リサイタル当日にお客様にお配りする、プログラムを執筆中です。

リサイタルに限らず演奏会では、オペラの中の一場面を切り取って演奏するので、外国語のオペラの場合は特に、どんな場面のどんな曲なのか、できる限り歌う前に説明させてもらうようにしています。

が、今回のような大きなリサイタルの場合は、2時間近くを一人で歌い切らなければならないので、さすがに声が売り切れるのを防ぐため(笑)、残念ながらすべての曲を丁寧に解説するわけにもいきません。

というわけでせめて、毎回自分でプログラムに曲目解説を文章にして書かせてもらっています。

喋るにせよ書くにせよ、これはなかなか骨の折れる作業です。

3時間におよぶオペラの中の、例えば5分間のアリア。必要に応じてオペラの筋書きも説明しなければなりませんが、それを詳しくやり始めると、とても短くまとまりません。

「歌の内容説明力」を鍛えてもらったのは、なんと言ってもオペラサロン・トナカイのステージでした。トナカイでは一晩に3人の歌手が出演しますが、それぞれ歌う前に、1分ほどで曲の内容や聞きどころをお客様に説明します。

始めた頃は、演奏よりもそのMCに緊張して、毎回歌う曲の説明を紙に書いて覚えたりしていました。あれもこれも盛り込んでうまくまとまらなかったり、長く喋りすぎて飽きられたり(笑)。

でもそんなことを繰り返すうちに、少し分かったこともあります。「オペラ百科」みたいにお話を詳しく説明しても永竹先生にはかなわないし、お客様のほうでもそれを求めているわけではないんですよね。多分。

それからは、少々偏りがちなのは否めないながらも、私が歌うんだから「私が思う聞きどころ」とか、その作品にまつわる「私の個人的なエピソード」を織り交ぜるようにしています。

とは言え。今回のリサイタルは、私が舞台で演じたことのある役ばかりを集めたプログラム。いかんせん、一つ一つの曲に思い入れがありすぎるんですよね。

いくら私のリサイタルに来てくださるお客様だからって、オペラの筋そっちのけで私の話ばかりされてもねぇ。しかも曲の合間に読める長さにまとめないと。何を書いて何を削るべきか、悩ましいです…。

 
  • コメント(全2件)
  • ぱむ♀多忙★in&コメ減m(__)m 
    5/5 19:15

    素敵なブログ日記を書かれる川越さんの解説文なので、わかりやすくて、楽しみにしているお客様も多いことでしょう♪
    大変な作業かと存じますが、頑張ってください
     
  • 美夜 
    5/5 22:04

    ご自分で書かれるんですね


    大変そうですけどがんばってください

  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)