そら豆

  • 川越塔子 公式ブログ/そら豆 画像1
  • 川越塔子 公式ブログ/そら豆 画像2
暖かくなって、そら豆が出始めましたね。そら豆と言えば、茹でたり焼いたりして、塩味でビールのおつまみに。おいしいですよねー。

イタリアでもそら豆、食べるんですよ。というか、そら豆は地中海沿岸が原産と言われていて、イタリア語でそら豆は「ファーヴェ」と言います。

…でも。茹でたり焼いたり、しないんですよね。日本人的には信じられませんが、生で食べるんです。

イタリアのファーヴェは日本のそら豆よりだいぶ小さくて、枝豆よりちょっと大きい程度。

それを、鞘ごとどーん、とテーブルに出して、ペコリーノチーズの塊もどーん、と出して、そら豆をピーナッツみたいに剥いて食べつつ、チーズを削ってかじりつつ、えんえん、白ワインを飲みます。

まぁ、何しろ生そら豆ですからね。何とも言えない青臭い味がします。茹でたら夢のようにおいしいんだよー!と、イタリア人の皆さんに教えてあげたい。

とは言え、苦味と渋味の強い生のそら豆、ペコリーノチーズと交互にずーっと食べていると、なんだかまたとない組み合わせのような気もしてくるんですよね。

たださすがに、せっかくの日本の立派なそら豆をためしに生で食べてみよう、という気にはなれませんでした(笑)。

今日は、スナック(スナップ??)エンドウとベーコンと一緒ににんにくとオリーブオイルで炒めて、パスタにしました。ねじねじのショートパスタ、フズィッリです。