ピーマン肉詰め

  • 川越塔子 公式ブログ/ピーマン肉詰め 画像1
  • 川越塔子 公式ブログ/ピーマン肉詰め 画像2
ピーマンの肉詰めといえば、おなじみのごはんのおかずですよね。

中が空洞の野菜を見ると何か詰めたくなるのは万国共通のようで、イタリアにもピーマンの肉詰め、あります。

大きくて甘いイタリアのピーマン(日本で言うところのパプリカですね)に、挽き肉や、玉ねぎなどの野菜を刻んだものや、リコッタチーズやツナなどを詰めてオーブンで焼いたもの。

日本と同じく、レストランと言うよりは家庭で作られることが多いです。ズッキーニや茄子を肉詰めにする(空洞はないけど、くり抜きます。笑)こともあります。

前菜にすることもあるし、セコンド(パスタの後のメインディッシュ)として食べることもあります。

というわけで、今日はイタリア風ピーマンの肉詰めを作ってみましたよ。和風だと甘辛く味付けしますが、味はシンプルに、塩、こしょう。今日は挽き肉に刻んだ玉ねぎと黒オリーブを加え、ツナを少しまぜてみました。

180度のオーブンで20分ほど焼き、表面にパン粉を振ってオリーブオイルをかけ、オーブンを250度に上げて10分焼いて焦げ目をつけて、でき上がりです。

パプリカの器の中で肉汁が流れ出ずにグツグツして、おいしかったです。焼いている間に他のものを作ったり飲み始めたり(笑)できるので、オーブン料理、おすすめですよー。

写真は、ミラノのトラットリア「マドンニーナ」で食べたピーマン肉詰め(ここのはピーマンを半分に割らずにそのまま詰め物をして焼いてある!)と、私が作ったもの(つけ合わせのじゃがいもも真似しました。肉詰めと一緒にオーブンで焼きました)

 
  • コメント(全2件)
  • ぱむ♀スマホ疲れる〜★in&コメ減m(__)m 
    4/6 22:38

    お料理上手ですね♪いつも美味しそうに仕上がった写真で、食べたくなります。

    私の家族全員、ピーマンの肉詰めが大好きです
    私がトマトやトマトソースが大好きなので、我が家のピーマンの肉詰めは、トマトソースで煮込む物が多いです。娘は幼い頃からそれがお気に入りで、ピーマンは好きな食べ物の一つになっていました(^O^) 親としては「しめしめ」という感じでしたo(^-^)o

    イタリア風にも、挑戦してみたいと思います。
     
  • Moon rose 
    4/6 23:03

    美味しそう!食べてみたい
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)