高岡へ

今日は、「高野聖」の金沢・高岡公演で共演する、両地の歌い手さんで特別編成された「高野聖合唱団」と合同稽古のため、富山県の高岡市民会館へ行ってきました。

私は今まであまり北陸に縁がなく、富山県を訪れたのは初めて。

今日は日帰りだったので、行きは列車で帰りは飛行機でした。もうすぐ北陸新幹線ができるらしいですが、今のところは上越新幹線で越後湯沢まで行き、「ほくほく線(なんだか名前がおいしそう)」に乗り換えて高岡へ。

31名の合唱団の皆さんは、今日は衣装を着けて(この衣装のデザインが独特で、合唱団の動きの鍵になります)、中鉢さん演じるお上人と私演じる女との、お互いの動きを確認しながらの立ち稽古でした。

事前に十分練習を積んで下さっていたようで、合唱団の暗譜は完璧。普通のオペラの合唱とは一味違った動きを、楽しんでやって下さっていました。

実際に本番をやる劇場の舞台で稽古できたことも収穫でしたし、合唱団と、舞台上での動きや音楽がだんだんかみ合ってきて、いよいよ、本番が楽しみになってきましたよー。

たった5、6時間の慌ただしい富山滞在でしたが、帰りに空港で、白海老のかき揚げがのった氷見うどんと、鱒のすしを食べました。

 
  • コメント(全1件)
  • Kaiser 
    11/24 01:17





    鱒の押し鮨は有名ですね!


    コンビニお握りにも


    随分前から


    有ります!!
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)