道なき道…

  • 川越塔子 公式ブログ/道なき道… 画像1
レコ勉(聞き覚え)の威力を思い知らされている、今日この頃です。

「高野聖」の初日まであと3週間あまり。本番の1週間前には金沢に入って、地元の合唱団、オーケストラとの合わせをする予定なので、稽古ができるのは実質、あと2週間です。

それなのに。お盆休みの頃から練習を始めたのに。未だ暗譜ができません。なんということ。

もちろん、全然覚えてないわけじゃないんですよ。台詞はほぼ入っているし、完全に覚えている部分もあります(比較的はっきりしたメロディーラインのある箇所)。

でも、なんだかどーうしても、どーーうしても覚えられなくて、お芝居を若干薄めて指揮者を「ガン見」して合図をもらわなければ歌えない場所がいくつもあります。

だってー、三拍子と四拍子(時には二拍子、一カ所だけ五拍子も)が、一見何の脈絡もなく入り混じるんです。どういうことですか、池辺先生。歌手は数を数えるのが苦手なんです(八つ当たり)。

とは言え、今までにも音楽的に難しい作品に挑戦したことは何度かあるし、その都度ちゃんと覚えて、お芝居もして、本番を踏んできました。暗譜でこんなに苦労するのは初めてです。

どうしてだろう!?と思ったら、「新作初演」というのが初めてなんですね。つまり、録音や映像が存在しない。

音楽家たるものスコアと向き合って…とか何とか思っていましたが、録音がないとこんなに暗譜できないんだから、今までいかにレコ勉に頼ってきたかということですよね。反省。

音が鳴っている稽古場での集中力をもっと高めて、あと2週間、プロンプなしで歌えるように、何とかします!