Trick or Treat!

  • 川越塔子 公式ブログ/Trick or Treat! 画像1
ハロウィンですね。東京でも街中で仮装している人たちを見かけたりします。私が子どもの頃、ハロウィンは知りませんでした。ディズニーランドとともに日本に入ってきたのかしら。

ハロウィンを始めたのはケルトの人々(今でいうアイルランドあたりにいた人たち?知識が曖昧)だそうです。

もともとカトリックでは、11月1日が「万霊節(すべての聖霊の日)」といって祝日です。イタリアでも学校はお休みでした。ついでに11月2日は「すべての死者の日」で、死者が地上に戻ってくる(日本のお盆のようなもの?)日とされています。

それが関係あるのか知りませんが、ケルト人は11月1日を一年の始まりとしていたそうで、つまり10月31日は大晦日?ですね。

その大晦日(というか万霊節イブ)をお祝いするのがハロウィン。仮装するのは、翌日やってくる聖霊(って悪いやつもいるんですか?)から身を守るためだったんだそうです。

それがどうやって、子供たちが近所をまわって「お菓子くれなきゃイタズラしちゃうぞ」になったのかは知りませんが、今は主にアングロサクソン系の人々がお祭りをするみたいですね。

イタリアにはハロウィンをお祝いする習慣はありません。でも日本と同じで、ごく最近、都会のデパートでカボチャの飾りとか、お洒落なお菓子屋さんでカボチャのお菓子なんかを見かけるようになりました。

稽古場にカンヅメの私ですが、カボチャのお菓子ぐらい買って帰ろうかしら。