喉によいもの

  • 川越塔子 公式ブログ/喉によいもの 画像1
純粋国産アカシアはちみつ。先日の宮崎でのリサイタルの関係者の方から、「喉のために」と送っていただきました。ありがとうございます。

100%国産のはちみつというのはなかなか手に入らない貴重なものなのだそうですが、1ダースも頂いてしまい、歌手仲間におすそ分け中です。

はちみつが喉に良い、というのはよく聞きますよね。某日本人有名ソプラノは楽屋で紅茶にはちみつを入れたものを飲むらしいです。イタリア人の歌手も「はちみつ飴」をよく舐めています。

昔、新国立劇場の「ルチア」というオペラで私が代役を務めていた、イタリア人のチンツィア・フォルテさんというソプラノが、オーケストラ合わせの合間にはちみつを直接舐めていたのもよく覚えています。

なんで良いのか、科学的根拠は知りませんが、確かに良い気がします。粘膜が潤う感じ。

先日ラジオでご一緒させていただいた川中美幸さんとは、「喉を守るためにしていること」という話題でひとしきり盛り上がりましたが、川中さんは夜、マスクをしてお休みになるそうです。

この作戦は私も何度も試したのですが、私の寝相が悪すぎるのか息苦しいのか、朝目が覚めると必ずマスクが行方不明になってしまっていました。トホホ。

というわけで、空気が乾燥し始めるこれから、マスク作戦がだめなら(笑)我が家には当分はちみつが豊富にあるので、はちみつ作戦で喉の保湿を図りたいです。