絶対音感

たしかに、ピアニストも多くはとても小さい頃から訓練を積んでいるので、絶対音感を持っている率は高いでしょうね。

歌手の場合は、声楽的テクニックというとてもフィジカルな要素が加わるので、音がズレているのを認識できていても、技術的な問題で正しい音に行き着けない、という場合があると思います。残念ながら。

我々歌手が肝に銘ずべきは、体が楽器なのであるということをもっと真剣に捉えて技術を磨くことと、体調が悪い時は潔く降板する勇気を持つこと、でしょうか。