ミミー!ミミー!

京都造形芸術大学・春秋座の「ラ・ボエーム」、無事に終演しました。舞台の上で死を迎えるというのは、演じる者にとってすごく重いことですが、初めてのミミは、やはり私にとって、音楽的にもお芝居の上でも相当のエネルギーを必要とする経験だったようで、終わってしばし、放心状態になっておりました。

初めてのことや、とても重要なことをせねばならない時、やっている時は夢中でも、終わってから「おー、よくもあんな大それたことができたものだ」と膝が震えることがあります。

私の歌手人生は本当にそれの繰り返し。今回も、ミミ役のオファーをいただいた時は、ただ単純に嬉しくて呑気に「やったー」と喜んでいましたが、終わってみたら、よくも私にこんな役を下さったものだと、プロデューサーさんや公演監督の勇気に頭を下げたい感じです。

というのも、お客様の入った劇場の舞台に立つと、音楽の神様(…大げさ?)に護られているというか、操られているというか、とにかく自分がとても小さくて無力だということが分かるんですよね。

それで足がすくむとか、歌えなくなるとかいうことではなくて、むしろ逆なのですが、とにかく私一人では何もできなくて、大きな力に動かされている感覚になります。どんなわがままプリマも、公演の後は謙虚で素直になるはず。

とは言いつつ、喉元過ぎれば何とかというやつで、また無理にでも自分を信じて、大きな役を引き受けることになるのでしょう。いやもう引き受けちゃってる。おー、怖い。

明日からのことは明日考えることにして、私をミミにしてくださったすべての皆様にお礼を言いたいです。

特に、台風だったのに、何事もなかったかのように劇場に足を運んでくださった大勢のお客様に。

ありがとうございました。