プリミ・ピアッティ!

  • 川越塔子 公式ブログ/プリミ・ピアッティ! 画像1
  • 川越塔子 公式ブログ/プリミ・ピアッティ! 画像2
  • 川越塔子 公式ブログ/プリミ・ピアッティ! 画像3
「イタリアではパスタって前菜なんでしょう?」と聞かれることがあります。正確に言うと、前菜、ではありません。

ただ、パスタの後にお肉やお魚などの「メインディッシュ」と言えるようなものを食べるので、「パスタは前菜」と言われたりするのかもしれません。

イタリアの食事は、前菜(アンティパスト)→プリモ・ピアット(第一の皿、パスタかお米かスープ)→セコンド・ピアット(第二の皿、お肉とかお魚)+コントルノ(付け合わせ、サラダや温野菜)→デザートやコーヒーや食後酒、という順番になっています。

村上春樹さんが、エッセイ「遠い太鼓」の中で「セコンドを断ったりするとウェイターは『今日の夕方の六時で世界は終わります』と言われたときのような顔をする。」と書いているように、前菜、プリモを食べたのにセコンドを食べない、というのはイタリア的には奇異に見えるようです。パスするなら前菜かプリモにしてセコンドを食べたほうが、イタリア人から見たところの違和感はないみたい。

とは言え。我々日本人は炭水化物が大好きだし、イタリア料理と言っても地域ごとに全然ちがう、特徴が一番よくあらわれるのがパスタやお米料理。たとえお腹いっぱいでセコンドにたどり着けなくなったとしても、旅行者としてはプリモ・ピアットは外せないですよね。

今回の旅で私が食べた、たくさんのプリモ・ピアットの中で、特においしかったベスト3の写真をのせてみました。

まずは、サンタマルゲリータ・リグレ「ダル・バッフォ」の「トロッフィエ・アル・ペースト」。手前味噌ですが。ジェノヴァ名物バジリコのペーストで、独特の形のショートパスタとじゃがいもといんげん(じゃがいもでかさを増やすあたりが、貧しいリグーリアらしくて最高)を和えたものです。リグーリア州では、他にも「トレネッテ」という細めの平打ちパスタやラザーニャをペーストで和えて食べます。

二つめは、ボローニャ「トレッビ」の「タリアテッレ・アル・ラグー」。ラグーというのはいわゆるミートソースですね。子供の頃から食べてるミートソースじゃん、と侮るなかれ。私は肉料理の乏しいリグーリアから初めてボローニャへ行って友人にこのお店に連れて行ってもらった時、世の中にこんなにおいしいものがあるのか!と本当に感動しました。

三つめ、南イタリアはプーリア州のアルベロベッロで食べた(お店の名前を忘れちゃいました)「オレッキエッテ・アッラ・チーマ・ディ・ラーパ」。耳たぶの形のオレッキエッテというパスタ、私は初めて食べたのですが、モチモチしていてどんなソースにも合いそうで、いっぺんに大好きになりました。中でもこの、ブロッコリーの茎に菜の花の苦みをプラスしたような野菜と一緒に食べるのが伝統的なようです。あとはラグーで和えたものや、リコッタチーズで和えたものも食べました。どれも美味しかったですよー。オレッキエッテが日本で手に入りにくいのが残念。

おなかがすいてきました。