どこまで鬼嫁?

ドニゼッティ・ガラコンサートの本番が明後日にせまり、初めて歌う「ドン・パスクワーレ」の二重唱を練習中です。

このオペラ、まずドン・パスクワーレさんは70歳の大富豪。でも妻子がなく、このままいけば甥のエルネストに財産を譲ることになります。

このエルネストの恋人が私演じるノリーナです。ノリーナは若く美しい女性だけど未亡人。パスクワーレはそこが気に入らない。もし二人が結婚でもすれば、自分の莫大な財産をどこの馬の骨とも知れない未亡人に譲ることになる、それはご免だ、というわけで、自分が若くて可愛いお嫁さんをもらうことにします。

お嫁さん探しを買って出たのはマラテスタというお医者さん。でも実はこの人、エルネストとノリーナの友人でもあって、二人が無事に結ばれるよう、計略を練ります。それが、パスクワーレはノリーナの顔を知らないので、なんとノリーナその人をお嫁さんとしてパスクワーレ家へ送り込もう、というもの。

そこから先は百戦錬磨?のノリーナの力量で、とんでもない悪妻を演じてパスクワーレを怒らせ、「お前に財産をやるくらいなら、いけ好かない未亡人にくれてやった方がましじゃ!」と言わせる、という筋書きです。

今回のコンサートで私が演じるのは、ノリーナとパスクワーレがめでたく嘘の結婚をして、いよいよノリーナが本性をあらわす、というか、悪妻ぶりを発揮しまくる場面です。無駄遣いはし放題、初夜なのに一人で夜遊びに出かける、文句を言う夫には平手打ち、ついには浮気の素振りまで、と散々です。

まさに鬼嫁、という感じですが、でも。確かにノリーナは純な乙女ではないし、だからこそこんな大芝居が打てるんだけど、別にパスクワーレが憎くてこんなことをしているわけではないんですよね。エルネストを愛する気持ちは純粋そのもの。彼との結婚を許してもらうために、少々派手すぎる方法に打って出ているだけなんです。

そこを表現するのが、最大の悩みどころです。もちろんパスクワーレを怒らせなくてはいけない、でも年上の夫をいじめ抜くただの意地悪鬼嫁、では物語が成立しないものね。ポイントは、くるくると表情を変えて時々本音がチラッと見えることと、ノリーナ自身がコケティッシュで魅力的であること、でしょうか。

うーん、言うは易し…。