歌舞伎スゴイ!

  • 川越塔子 公式ブログ/歌舞伎スゴイ! 画像1
新橋演舞場で歌舞伎を見てきました。夜の演目は三本立てでしたが、メインは「夏祭浪花鑑」。主役(と言うのかな?)の団七を演じたのは中村吉右衛門さんでした。

牢から出てきたむさ苦しい団七がお風呂に入って、別人のように男前になって見栄を切るところ、片岡仁左衛門さん演じる徳兵衛との立ち回り、お舅さんを殺すまでの長い長い場面、井戸の水をかぶるところ、見せ場も季節感もいっぱいの、名作です。

たまたま、去年も歌舞伎座で「夏祭浪花鑑」を見たのですが、その時団七を演じていたのは市川海老蔵さんでした。海老蔵さんはより二枚目で、吉右衛門さんは男気あふれる感じ。同じ演目の同じ役でも、役者さんによって全然違っていて驚きました。こういう楽しみ方はオペラと似ているかも。

さて、長くなりますが、私が今夜一番感動したのは最後の演目、清元の「かさね」です。中村時蔵さんのかさねに市川染五郎さんの与右衛門、という組み合わせでした。お二人とも、なんと美しいこと。時蔵さんの可憐な口元、指先の動き。染五郎さんの、惚れ惚れするほど二枚目な表情と立ち姿。

骸骨があらわれてかさねが醜く変貌してからは、文字通り「鬼気迫る」舞台でした。最後は与右衛門が鉈でかさねを刺しますが、かさねの怨念で逃げた与右衛門が花道をダーッと戻ってきて、髪を振り乱したかさねとの引き合い。圧巻でした。凄まじかった。

この鬼気迫るかさねを演じていらっしゃる中村時蔵さん、時々私の舞台を見に来てくださるのですが、今日の時蔵さんを見てしまったら、なんだか恥ずかしくなってきました。時蔵さんの芸には遠く及ばないにせよ、私ももっともっと芸を磨かなければ。