今度はドニゼッティ!

ヴェルディの次はドニゼッティです。7月11日(月)の19時から、荻窪駅近くの杉並公会堂にて、ヴェルディよりほんの少し前に活躍したイタリアの作曲家、ドニゼッティの作品を集めたガラ・コンサートに出演します。

私が演奏するのは3曲。まずは「希望の声」という歌曲で、これは前にこのブログにも書きましたが、「愛の妙薬」というオペラの中で主人公のネモリーノが歌う、「人知れぬ涙」という名曲に、フランス語の歌詞がつけられたものです。

それから「愛の妙薬」の中の「受けとって」というアリア。勝ち気でなかなか素直になれなかったアディーナという女の子が、ついにネモリーノに愛を告げる、このオペラの大詰めの見せ場です。

さらに、「ドン・パスクワーレ」というオペラの中の二重唱。私が演じるノリーナという女性は、訳あってドン・パスクワーレさんのところへ偽物のお嫁さんとして乗り込んでいるのですが、その私が鬼嫁ぶりを発揮してパスクワーレさんを懲らしめる場面です。

「愛の妙薬」のアディーナと「ドン・パスクワーレ」のノリーナという役は、レパートリーにうるさい師匠のジャンフランコ・パスティネが、私の声と容姿と性格に「理想的」と言ってくれた二つの役柄です。特に「ドン・パスクワーレ」の方はまだ舞台で演じたことがない役なので、今回は一部分だけですが、どんなものになるか自分でも楽しみです。

というわけで、お知らせ。

藤原歌劇団のメンバーによる
ヴォーカル・コンサート
ドニゼッティの歌曲とオペラから

2011年7月11日(月)
18:30開場 19:00開演
@杉並公会堂 小ホール
全席自由 3,500円

チケット取扱い
日本オペラ振興会チケットセンター
0364074333
6月28日より→0449595607

喉は完全復活!と調子に乗ってまた風邪を引いたりしないよう、ベストの状態でのぞみたいと思っていますので、ぜひ聞きにいらしてくださいね!