ゲネプロ

  • 川越塔子 公式ブログ/ゲネプロ 画像1
今日は、来週(24・26・28日)に本番を迎える「リゴレット」のゲネプロをしてきました。

ゲネプロというのは、本番の舞台で、衣装やメイクも本番通り、休憩などの段取りも本番通りおこなう、予行演習みたいなものです。ドイツ語の「ゲネラルプローベ」の略だそうで、頭文字のGPをドイツ語風に読んで「ゲーペー」と言ったりもします。

なんでドイツ語なのか、たとえばバレエとかお芝居なんかでもこう呼ぶのか、よく知りませんが。

ゲネプロに至るまでに、もう散々稽古はしているのですが、それでもゲネプロをやってみると、声のペース配分が…とか、本気で歌ってみたら衣装に不都合が、とか、あるいは衣装替えの時間が足りない、とか、思いがけず大変なことが見つかったりします。

ゲネプロがあまりにも完璧にうまくいくと、本番で意外な落とし穴が待っていたりするので、私はゲネプロでは少々ドタバタしたり、失敗したりしておいた方が安心します。

今日も、けっこう色々とびっくりな出来事があったので大丈夫(笑)。不具合をひとつひとつクリアして、本番は万全でのぞみますよー。