共感疲労

災害で被害を受けていない人々が、報道などで被災者の窮状を目にし続け、何か役に立ちたいと思ってもできることを見つけられずに無力感に苛まれ、精神的に参ってしまう状態を、共感疲労、と呼ぶのだそうです。

多かれ少なかれ、日本じゅうが今この状態にあるのではないでしょうか。

本当につらい状況にある被災者の方々からしてみれば、甘えんな!という感じかもしれませんが、この共感疲労、震災の影響が長期化することが必至の今にあっては、思いのほか深刻な問題になるのでは、と心配です。

被災地に直接助けに行かれなくても、義援金も少ししか出せなくても、被災地以外の人々が平常心で、心も体も元気に経済活動を続けること、そのことが日本の国を元気にして、結果的には震災からの復興にも役に立てるんじゃないかと、信じたいです。