一喜一憂

リサイタルに向けて、集中して練習をしています。オペラであれば、音楽稽古、立ち稽古、通し稽古、そして劇場に入って舞台稽古、オーケストラ合わせ、衣装メイク付の舞台稽古、ゲネプロ、のように順を追って、その都度指揮者や演出家からダメ出しをもらいながら、本番に向けて準備します。

でもリサイタルの場合、何もかもを一人でこなさなくてはならない、孤独な道のりです。毎日同じようにリサイタルの曲を練習していても、「大丈夫。この調子でうまくいく」と思える日と「このままじゃ歌い切れない!」と思う日が交互にやってきて、一喜一憂の日々です。

本番までになんとか自分に自信をもてるように、もうひと頑張り練習を積みたいです