H&M

  • 川越塔子 公式ブログ/H&M 画像1
エイチアンドエム。言わずと知れた、安くて流行のお洋服が買えるお店ですよね。スウェーデンのブランドで、ヘネス&モーリッツの略だそうです。

私がH&Mを初めて見たのはローマにいた時で、当時はまだ日本に入ってきていなかったので、私にとってはこのお店は「アッカ・エ・エンメ」でした。その後パリへ行ったら、「アッシュ・エ・エム」と呼ばれていました。イタリア語ではアルファベットのHを「アッカ」と読み、フランス語では「アッシュ」と読むのですね。「&」はどちらも「エ」。

日本語ではアルファベットは英語風に読むので(意識したことなかったけど)、この手の単語では意外と苦戦しました。

たとえば。
MP3→エンメ・ピー・トレ
3D→トレ・ディー
U2→ウー・ドゥーエ
AIDS→アイディエッセ
などなど。

こういうのを会話の中でさらっと言われると、何のことだか全然わからないんです。辞書も引きにくい。分かると、なんかやっぱり英語風に言った方がかっこいいような気がして笑ってしまうのですが。

日本語にはアルファベットはないから仕方ないとしても、日本人は「エイチとエム」とか「エムピーさん」とか言いませんよね。「H&M」は母国スウェーデン語では何と読むのでしょうか。「エイチアンドエム」よりも「アッカエエンメ」よりもかっこいい響きだといいなぁ。