桂歌丸・假屋崎省吾

  • 桂米多朗 公式ブログ/桂歌丸・假屋崎省吾 画像1
  • 桂米多朗 公式ブログ/桂歌丸・假屋崎省吾 画像2
昨日は国立演芸場へ歌丸師匠の真景累ヶ淵・最終話・お熊の懺悔を聴きに楽屋へ伺いました。
三遊亭円朝作・真景累ヶ淵の最終話まで語る落語家は、今では歌丸師匠しかいません。というのも、あまり楽しい話しではなく、最後は全ては怨念・執念であったという物語。
私には出来ない語れない、歌丸師匠の弟子も語り継ぐ人はいないぐらい難しい話でしょうか(≧∇≦)
その後は、師匠ヨネスケに頂いた招待券で、
假屋崎省吾さんの世界展へ、日本橋三越本店に行って来ました*\(^o^)/*
歌丸師匠の落語道と、假屋崎さんの華道も、どちらもスピリチュアルな世界かもV(^_^)V
華はよく分からないけれども、運気が上がりそうな気がしたので、假屋崎さんのサイン入りカレンダーと、金運UPの生薔薇の造花?と、薔薇の紅茶を購入してしまいましたV(^_^)V
歌丸師匠は芸はあるけど毛がない、假屋崎さんは芸もゲイもある(((o(*゜▽゜*)o)))
2人の(演芸・園芸)に触れて、私も独自のスピリチュアルなゲイを磨く触発を頂きました
(((o(*゜▽゜*)o)))