意味深きタイトル

台風の為・・・・、
筋肉痛の為・・・・、
外にあまり出れない今日この頃。。。

そんなタイミングで、
ツタヤさんは100円セールッ♪


アザァーーースッ!!!


引っ越して以来、
映画をロクに観たり借りたりしてなかった。

ココゾとばかりに、
借りてきましたッ!


そして、
いいのがありましたよ☆


『 クロッシング 』


韓国映画です。

北朝鮮の経済状況や脱北の壮絶さが、
リアルに描かれていた。

よくニュースで流される映像とは別に、
テレビでは流せないリアルさが、
浮き彫りにされていた。

今もこの瞬間、
脱北の為に命と駆け引きをしている人が
いるかもしれない。。。

それをエサに、
金儲けをしている人もいるかもしれない。

様々な立場の人達が
社会を形成している国のようだった。

脱北を斡旋する人を、
悪と見るか、
天使と見るか。

それもまた感情移入する側によって
変わってくるでしょう。

だから今だに成り立っているワケだし。


完全なる社会派の映画。

観終わって、
『 闇の子供たち 』 を思い出しました。

ワタシの知らない世界。
・・・・でも現実の世界。

映画の素晴らしさを感じました。


ストーリーが進むにつれ、
手に汗握るドキドキ感。

家族の絆、命の尊さ、
いろんな要素が入った映画。

感動しましたッ♪

涙が溢れてきましたッ♪


あまりテレビなどで宣伝してなかったと思うから、
知らない人も多いと思います。

良かった是非ッ!


このクロッシングは、
和訳すると普通は横断、交差。

その中に、
『 すれ違い 』 という意味もあって、
それを見つけた時は、
トリハダが立ちました。

ストーリーにピッタシのタイトル。
( 作品を見れば分かります。 )

ニクイなぁ〜。


ちなみにこの作品の監督は、
キム・テギュン。

決してロッテの選手ではありません。
( この作品を観て気づきました。 )

いろんな知識が増えますなぁ〜。