いつもコメントありがとうございます


昨日の桜の木は、以前、ご紹介した桜ですよん



蟻さんの巣の中にいらっしゃる、居候さんについて、一部ですがご紹介します



最初の居候さんは、ヒゲブトオサムシさんのお仲間、数多くいらっしゃる。


そして、ハケゲアリノスハネカムシさん、こちらの方は背中から麻薬みたいな物質を出すんです。

そうすると蟻さんは、それを舐めさせてもらうのに夢中になって、自分の幼虫の世話をするのを忘れてしまうの
だから、巣が全滅してしまう危険性があるの


そして、アリケシムシさんは、蟻さんの幼虫や蛹や繭の上で時間を過ごし、幼虫の分泌液をもらい、めったに下りることもなく、引っ越しの時は、そのまま運ばれていきます。

続いての居候さん、植物の葉などに止まって樹液を吸っているアリノタカラカイガラムシさんは、蟻さんが絶えずそばにいて世話をやいたりして、分泌液を栄養源としています


巣に帰る時や、何かに驚いて、その場から逃げ出す時は、触角で合図をするとカイガラムシさんはすぐに蟻さんの背中に乗り移ってそのまま運ばれて行きます


複数の種が互いに影響を及ぼしあいながら進化しています


つまり共進化ですね


いかがですか


分かっていただけたら嬉しいです