玉葱を飴色になるまで炒める

  • 片岡あづさ 公式ブログ/玉葱を飴色になるまで炒める 画像1
……ていうワードが、とてつもなく好き。




昔読んだ小説で、ハンバーグをつくるっていう流れで出てきたんですよねぇ。


食べ物が美味しそうだったり、色や景色が鮮やかな小説が好き。




最近、玉葱をみじん切りにして飴色になるまで炒めて、玉子焼きやラーメンにいれるのがマイブームです。


甘ーいの。


生だとあんなに辛いのにねぇ。不思議。
多少、歯応えが残るほうが好きです。




でも、玉葱にはめっぽう弱い。
皮剥くだけで涙が止まらないよぅ。グスグス。

 
  • コメント(全5件)
  • Big O 
    7/10 19:39

    玉葱の甘みは味に広がりが出てイイですね(・∀・)
    写真の玉子焼きをツマミにビールがのみたい…
  • イヤァオ!!}(川Θ‐) 
    7/10 19:55

    美味しそオオオオ(・ω・)
  • 皆様、サヨウナラ 
    7/10 20:14

    よく焦がしてました(-.-;)
  • ゆう 
    7/10 20:35

    あづささん、こんばんはー
    好きだけど食べるまでに苦労がともなう、でも食べたい・・
    ジレンマですね。

  • visage 
    7/10 20:39

    あづちゃんは透明・半透明が好きだもんね。
    飴色…褐色に近い半透明色。琥珀色も素敵ですね。

    玉葱は口呼吸で涙を流さずに調理できますよ〜(>_<)/。
    鼻を通じて涙腺を刺激しなければ良いのです。
    ちなみに鼻で息をはくのもNGね。
  • GREEにログイン(新規登録)するとコメントを書くことができます。
    ログイン(新規登録)