つけるべきは、“自信”。


『内面世界と向き合う』

『自分を認め、愛してあげる』


カンタンなようで、難しい作業。

引っ掻く度に血が出て、
掻き回す度に胸が軋む。

受け入れようとすればするほど“何か”が邪魔して拒絶する。


苦しくて、
苦しくて、
苦しくて。



でも私達はそうしなければいけない。

自分を知り、認め、愛し、心を解放なければ――


“表現”は生まれない。






昨日レッスン後のお食事会の際、先輩とお話をして思ったこと。

うーん…………ツラいなぁ(苦笑)